今月のくるみパン

サンジェルマン「クルミと五穀の田舎パン」

VOL.3

素朴な味わいがうれしいロングセラーの食事パン

サンジェルマン「クルミと五穀の田舎パン」

7年目を迎えた「クルミと五穀の田舎パン」

永井賢紀さんは、サンジェルマンをはじめ同社のブランドの様々なパンを生み出している同社の商品開発チームの統括マネージャーです。永井さんが手がける多くの開発商品の中でも、特別な思いを持つひとつが、「クルミと五穀の田舎パン」。ライ麦を使用した生地に、大豆と大麦、ゴマ、玄米、キアヌの5種類の雑穀とくるみを練り込み、自然発酵種でじっくり発酵させたカンパーニュです。 2006年に登場して以来、7年目を迎えたロングセラーですが、実は発売当初は2週間の限定商品でした。しかし、店頭から姿を消すや、店に再発売を求める声が続々届き、 2カ月後には再び店頭に復活したのです。

人気の秘密は、ライ麦と雑穀、そしてくるみの相乗効果で生まれる素朴な味わいにあります。「雑穀とくるみは、どちらも健康にいい食材です。それを合わせることで、毎日食べる食事パンとして最適なパンを作りたかったんです」と永井さんは語ります。こだわったのはモチモチした食感とほんのりとした甘み。「モチモチした食感が、くるみの歯ごたえを生かすんです。そのために、お湯を使って練ることで、水分量を高めてしっとりした生地に仕上げています」。また、永井さんは、くるみは甘みとの相性がいいとも言います。「"健康的な食事パン"のコンセプトから外れないよう、甘みにも気を使いました。このパンでは、ハチミツとブラウンシュガーでほんのり優しい甘みを足しています」。

クルミと五穀の田舎パン

「クルミと五穀の田舎パン」735円(1/2サイズは367円)。そのまま食べても美味しいが、軽くトーストすると中はモッチリ、外はカリッとした食感

素朴な味わい「クランベリーとくるみのリュスティック」

もうひとつ紹介してくれたのが「クランベリーとくるみのリュスティック」です。リュスティックとはフランスパンの一種で、水分量が多いため、発酵させた生地を丸めたり成形しないまま、二次発酵させて焼き上げたパン。酸味のあるクランベリーと香ばしいくるみの相性が良く、こちらも毎日食べたくなる素朴な味わいの食事パンです。「くるみはチーズにもフルーツにも合う味で、食感と香ばしさも独特な存在です。素材としてもほかのナッツより扱いやすいんですよ」と、永井さん。

クランベリーとくるみのリュスティック

「クランベリーとくるみのリュスティック」231円は、噛みごたえがありながらモチモチした弾力のある食感。クランベリーとくるみもたっぷり

9月から新たにくるみのパンが4品登場!

9月1日からは、新たに4品のくるみを使ったパンがサンジェルマンに登場します。ライ麦の生地をベースに、イチジクやクリームチーズ、アプリコットなどさまざまな食材と一緒にくるみを楽しめる商品です。永井さんのモットーは、「凝ったパンよりも、素材そのものの味を生かすパン。原点に戻って、シンプルな配合とオーソドックスな組み合わせで美味しい食事パンを作ること」。今後はどんなくるみのパンを作りたいかと尋ねたところ「くるみを全面に出したパンを作ってみたいですね」と、返ってきました。どんなくるみパンが登場するのか、楽しみです。

くるみに縁の深い永井さん

実家は山形県米沢市。親戚は「くるみゆべし」の有名店という、くるみに縁の深い永井さん。くるみゆべし風のパンに挑戦したこともあるとか

【サンジェルマン】
TEL/045-716-8516(9:00~18:00 サンジェルマン お客様相談室)
※「クルミと五穀の田舎パン」は約30店舗限定です