今月のくるみパン

ハチミツ入りの生地に香ばしいくるみを練りこんだ「ナッツとオレンジ」 / パン処 東海林

VOL.23

ハチミツ入りの生地に香ばしいくるみを練りこんだ
「ナッツとオレンジ」

パン処 東海林

一つひとつが手のぬくもりを感じさせるパン

東京都多摩市・八王子市・稲城市・町田市などに広がる住宅市街地。いわゆる多摩ニュータウンエリアの京王相模原線「多摩境」という駅が、今回訪ねた「パン処 東海林」の最寄駅となります。「以前営業していた八王子市めじろ台から6~7年前に、ここ多摩境に移転してきました」というオーナーシェフの東海林さん。現在は奥さまとともに、少人数のスタッフでお店をきりもりしています。


「とても少ない人数のお店だからこそ、手間はかかりますが『手作り』にこだわっています」とおっしゃるとおり、生地、具材、あん、クリームなど、時間を惜しまず一つひとつ丁寧に手作りされているそうです。「特別な製法にこだわるというよりも、僕が当たり前だと思う製法でシンプルにパンを焼き、毎日食べていただく新鮮なパンをお客様に提供したいだけなんです」という想いを語る東海林さん。店頭に並ぶパンはどれも、手のぬくもりを感じさせる素朴な表情を浮かべています。

パン処 東海林 店舗外観写真

多摩ニュータウンエリアの京王相模原線「多摩境」が最寄駅の「パン処 東海林」。味わいのある木製の看板、赤いパラソル、ヨーロッパの片田舎にあるようなお洒落な建物が目印です。



パン処 東海林 店舗内観写真奥さまとともに少人数のスタッフでお店をきりもりされている清楚な店内。店頭に並ぶパンはどれも、手のぬくもりを感じさせる素朴な表情を浮かべています。

幅広い世代に愛される定番のパン「ナッツとオレンジ」

「ナッツとオレンジ」(290円税抜)は木・土曜日限定の日替わりのパン。かみごたえのあるハチミツ入りの生地に、くるみを中心としたナッツ類と、オレンジの風味が絶妙にマッチするハード系のパンです。生地にハチミツが入っているため何もつけずにそのままでもおいしくただけますが、なんと言っても香ばしいくるみの食感が印象的。「料理とともに食べる食事パンはもちろん、薄くスライスしてお子さんのおやつにするなど、さまざまな食べ方で食べていただいています。リピーターが多く、まとめて買われる方もいるほど人気の高いパンですね」と東海林さん。お子さん、30~40代の親御さん世代、ご年配の方と、幅広い世代に愛される当店定番のパンだそうです。お酒のおつまみとしても相性がよく、ワインと一緒に召し上がるという方もいらっしゃるんだとか。こうしたさまざまな食べ方で楽しめるのが、人気の理由かもしれません。

「ナッツとオレンジ」写真

「ナッツとオレンジ」(290円税抜)は木・土曜日限定の日替わりのパン。ハチミツ入りの生地に、くるみを中心としたナッツ類と、オレンジの風味が絶妙にマッチするハード系のパン。なんと言っても香ばしいくるみの食感が印象的。

まるでピザのようなパン「チーズの平焼き」

一方、「チーズの平焼き」(120円税抜)は常時販売のパン。くるみとブルーチーズを練り込んだ生地を薄く伸ばし、その上にチーズをのせて焼き上げた、まるでピザのようなパンです。「ブルーチーズが練り込んでありますがクセはありません。もちろんできたてがおすすめですけど、ご家庭のオーブンなどで焼き直すと、さらにパリパリになってお菓子のような楽しい食感になるので、お子さんを中心に人気ですね。うちの子どもも大好きでよく食べていますよ」(東海林さん)。生地は薄く伸ばされているため、くるみ自体はクラッシュ状に砕けていますが、こうした作り方をすることで、くるみの香りが一層引き立つ効果を生んでいます。とてもシンプルな作り方だそうですが、奥行きのある味わい深い一品です。

「チーズの平焼き」写真

「チーズの平焼き」(120円税抜)は常時販売のパン。くるみとブルーチーズを練り込んだ生地を薄く伸ばし、その上にチーズをのせて焼き上げた、まるでピザのようなパンです。

パン作りはとても幸せな仕事

「僕も妻もくるみがすごく好きで、新しいパンを作るときに食感のいいくるみを使う傾向があって、お客さんから『東海林さんのお店のパンには、くるみがよく入っていますね』といわれるんですよ(笑)。でもくるみは食感がとてもいいアクセントになる食材なので、うちのパン作りには欠かせませんね」。そんな東海林さんはくるみを「かたいパン」に好んで使うそうですが、かたいパンにかたいくるみを入れることによって、食感や味がグッとしまるそうです。


「パン作りはとても地味で、時間がかかる仕事。今日はこうしよう、明日はこうしようと試行錯誤の連続です。すべてがうまくいくわけではありませんが、そんな仕事の中からいいパンが生まれると達成感があり、さらにお客様から直接評価をいただける。とても幸せな仕事だと思っています」。どんな仕事にも通じる素晴らしい姿勢をお持ちの東海林さん。また一人、一流のパン職人に出会えることができました。

オーナーシェフの東海林さん写真

「パン作りはとても幸せな仕事」という想いを語ってくれた東海林さん。とても少ない人数のお店だからこそ、手作りにこだわって作られるパンは、多摩ニュータウンに暮らすお客様にとって、毎日の食卓に欠かせないパンとして高く評価されています。

【パン処 東海林】
・住所/東京都町田市小山ヶ丘5-17-2
・TEL/042-770-1223
・営業時間/9:00~19:00
・定休日/月曜日、火曜日
・アクセス/京王相模原線「多摩境」駅下車より徒歩8分